2010年10月31日

ダメなヤツほど

金曜日。
俺の結婚祝いということで。
サカモトさんが飲み会を開いてくれた。

参加メンバーは。
サカモトさん
イケウチさん
ヤマモト
ノムラくん
ムラキ
そして俺。
まぁいつもの顔ぶれだ(笑)

グラスを合わせると。
メンバーから一斉に。
おめでとう!
おめでとうございます!
と言われて照れくさかった。

祝いの席とは言っても。
いつもの飲み会には変わりなく。
始まって1時間が経過した頃には。
いつものようにムラキは出来上がっていた(笑)

「こないだ部長から回ってきた領収書の中に、
おっぱいパブの領収書が入っててさ〜」
というイケウチさんの話にムラキが食いつき。

「会社の金でおっパブ行けるんすか!?
ずりぃなぁ〜部長!
いいなぁ〜いいなぁ〜俺も行きてーーっ!
おーっぱい!おーっぱい!」
と騒ぎ始めた。

おっパブに行った事がないというノムラくんが遠慮がちに。
「女の子のおっぱいって触れるんですか?」と聞くと。
「あぁ!吸ったって構わない」と。
サワヤカに白い歯を見せ。
親指を立てたサカモトさんが答え。
そのうち。
サカモトさんとイケウチさんで実演し始めた(笑)

「バカだ!」 
実演するふたりを見て。
吐き捨てるように言ったヤマモトだが。
その口調とは反対に顔はニヤついていた。

その後。
興奮したムラキは。
なぜかテーブルを動かそうとして。
俺にビールをガッツリこぼした(爆)

南無阿弥陀仏

場所は変わって二次会のカラオケBOX。

一次会の流れで。
二次会はすっかり。
おっぱいパブに行くと思い込んでいたムラキは。
カラオケBOXに入っても諦めきれなかったのか。
ブツブツと呪文のように。
「おっぱい!おっぱい!」と呟いていた。

再びアルコールを吸収して気を取り直し。
飲み会本来の主旨(笑)を思い出したか。
ムラキが俺の為にドリカムを歌うと言い。
「未来予想図」を歌ってくれた。

たが。
そのあまりのグダグダ振りに。
俺もさすがに耐え切れなくなり。
演奏を途中で停止させた(笑)

するとムラキは。
「アニキがその気なら俺は暴走しますよ」と言い放ち。
次に流れたヤマモトの曲を演奏停止。
そして同じく。
ヤマモトの次に入れたノムラくんの曲を早送りにするという暴挙に出て。
思いっきりヤマモトに頭を叩かれていた。

今度はサカモトさんがミスチルの「HANABI」を歌うと。
ムラキは全く音程の合っていないハモリを入れ。
サカモトさんに蹴っ飛ばされた。

全く何やってんだか!
俺はそれを見てひたすら爆笑してた。

「残酷な天使のテーゼ」を熱唱していたムラキが。
俺達の部屋の外で。
カップルが座り込んだことに気付き。
ドアを全開にして自分の熱唱を。
彼らに披露するという暴挙に再び出た(笑)

それにキレたカップルの男が部屋に乱入し。
乱闘勃発か!?というところで。
イケウチさんが男に酒を振舞い。
俺達は事なきを得た(笑)

「今時の若者はほんとにキレやすくて困りますなぁ」
というムラキに。
モチロン俺達は一斉にツッこんだ(笑)

そして閉めの曲と言って。
イケウチさんが入れた曲。
「あの素晴らしい愛をもう一度」を
みんなで合唱し。
俺達は皆その一体感に酔いしれた。
が。
しかし。
この曲って。
めっちゃ別れの歌じゃないだろうか?(笑)

帰る方向が同じ俺は。
ハシャギ過ぎて酩酊状態のムラキをタクシーに乗せ。
自宅まで送った。

車中ずっとムラキは俺に話しかけてきて。
アニキと一緒のチームになりたかった。
今度は絶対おっパブ行きましょうね!
おやつは午後3時って誰が決めたんですか?
などと。
ひとりで勝手にしゃべるだけしゃべり。
俺の鞄を抱いたまま眠ってしまった。

気付けばヨダレ全開。
見事に俺の鞄はヨダレの被害に・・・・・(爆)

でもさ。
俺はムラキを怒る気には全然ならないし。
オマエの腋が臭いのも大目に見るよ(笑)

なんだろうな。
ダメなヤツほど可愛いってのは。
本当だな(笑)

合掌
posted by konta at 22:08| Comment(9) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

プロポーズをした日

妊娠を告げられた夜。
口論になってしまったことがすごく悔やまれて。
俺はなかなか眠れなかった。
きっとアイツも同じように。
眠れなかったんじゃないかと思う。

次の日はもうずっと。
アイツのことばかり考えていて。
仕事に集中できなかった。
でもその代わり。
自分の気持ちは固まった。

仕事が終わって部屋に帰って。
速攻PCを立ち上げて。
アイツに電話した。

ごめんって言うと。
またアイツを怒らせてしまうかもしれない。
けど。
アイツには目的があって向こうで仕事しているワケで。
妊娠したことはそれを途中で断念させることになる。
それを考えると。
俺はどうしても妊娠を手放しでは喜べない。
かと言って。
せっかく俺達の間に授かった命を。
葬ることなんて絶対にできないし。
絶対にしてはならない。
俺はその気持ちを正直に言った。

「目標を断念してもらうことになるし。
当然仕事を辞めて。
東京に戻ってもらうことになるけど。
子供は絶対に産んで欲しい。
その為なら俺はフルパワーで頑張れるし。
絶対しやわせにするから。
ってかさ。
ずっと傍にいて!
それで俺のこともしやわせにしてくれる?」

泣きながらアイツは俺に言った。

「ごめんなさい」

え゛え゛え゛え゛え゛え゛ーーーーーーっ!!!!!

プロポーズの返事が。
まさかまさかのごめんなさいだって!?
俺はあっけにとられて。
まさに茫然自失状態。
そんな俺にアイツは言った。

南無阿弥陀仏

去年の春
ブライダルフェアに行こうって決めてからも。
本当はずっと。
このまま結婚してもいいのかって考えてたこと。
それは。
結婚に対する不安っていうよりも。
今まで培ってきた自分が消えてなくなる気がして。
そういうことへの不安が大きくなっていたこと。

仕事に誘われた時。
本当なら結婚する予定があることを理由に断れたのに。
その時は結婚する喜びより。
もう一度ケアンズに戻れることの喜びの方が大きくて。
その場ですぐにOKの返事をしていたこと。
それには。
きっと俺なら最後には。
許してくれるだろうと確信犯的に思ってたこと。

これらのことを。
友人に打ち明けたら。
それをマリッジブルーと言うんだと言われ。
ちゃんとパートナーに気持ちを伝えるよう言われていて。
たけど。
自分勝手な理由でケアンズに来て。
更に俺を振り回すようなことは言えなかったこと。
だから。
本当に謝らなきゃならないのは自分の方だということ。

仕事でオーナーから叱られた時。
海が好きダイビングが好きだからで。
ショップを始めたいと思っているならとても軽薄だ。
それなら趣味で続けるべきでもう一度よく考えなさいと言われ。
それが仕事と結婚。
自分を見つめ直すキッカケになったこと。
そして。
妊娠がわかった時は本当に嬉しかったこと。

他にもまだたくさんアイツに打ち明けられた。
アイツはそんなに色々抱えてたのか。

いや。
俺が頼りないばっかりに。
アイツにこんなに色々抱えさせていたんだなって思ったら。
自分自身が情けないやら腹立たしいやら。
アイツがいじらしいやら愛おしいやら。
この時の気持ちは。
もう俺の中にあるボキャブラリーでは。
もはや言い表せねぇってんだ!!
チキショー!!

そしてアイツが言ったんだ。

「今までは自分のことだけ考えていたらそれでよかったけど、
でも赤ちゃんができてからは、
何が一番大事かっていうことを考えるようになったよ。
結婚して変わるのは私のライフスタイルで、
私の何もかもが変わるってことじゃないんだもんね。
仕事のことなら自分で納得してるし心配しないで。
私ならずっとkonちゃんの傍にいてあげるよ。
だから一緒に赤ちゃん育ててくれる?」

!!
「あげる」ときたか!
そんなアイツが俺は好きだーーーっ!!
大好きだーーーーーっ!!
モチロン!!
子供は何人でも喜んでっ!!(笑)

でさ。
やっぱ思ったんだ。
今回の妊娠はやっぱ俺の責任だって。

現地でコンドーム買った時。
いつものように(←強調)サイズはLを買った。
けど。
それってやっぱオージーサイズなワケじゃん?
そこを考慮(←悔し涙)して。
Mにしとけば良かったんじゃないかってさ(爆)

って。
これ言ったら。
アイツが爆笑してくれたし。
ま。
いっか!(笑)

合掌
posted by konta at 23:54| Comment(10) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

妊娠を告げられた日

9月最後の日曜日の夜。
PC越し。
いつものように。
アイツとスカイプで会話。

たわいなく話をしていた時に。
「赤ちゃんができたよ」
とアイツが言った。

「え?マジで?うそでしょ!?」
突然の告白に俺は驚いて聞き返した。

「こんなこと冗談でも私は言わないよ」
「信じらんねぇ!何で!」
「何でってふたりで赤ちゃんできるようなことしたからじゃない!
私を疑ってるの!?」

直前まで話してたいつもの雰囲気は一変し。
感情的なアイツの剣幕に俺は戸惑った。

9月の最初に検査薬で調べて妊娠が判明。
アイツ自身も信じられなかったから。
その後。
病院でちゃんと検査を受けて。
間違いなく妊娠と診断されたこと。
突然子供ができたと言われたら。
戸惑うのは当然だし自分も戸惑っている。
仕事の契約やこれからのことを。
どうしたらいいか考えないといけないとアイツは言った。

「ごめん」と謝った俺にアイツが噛み付いた。

「ごめんって何なの?
どういう意味?
とりあえず謝ればいいってそういうこと?」

コンドームを使って避妊したけど。
結果。
それが上手くできてなくて妊娠に繋がったこと。
アイツのこれからの仕事に影響すること。
頑張って来いとケアンズに送り出しておきながら。
結果。
俺が足を引っ張り申し訳なく思っていること。
とりあえず謝っとけみたいな気持ちでは決してないことを言った。

「そうやっていつもいい人振らないで本心言えば!?
妊娠のこと喜んでくれてないんでしょ?
ならハッキリ言えばいいじゃない!!
そうしたら私だって覚悟が決まるし日本にも帰らないから!!」

こんなに感情的で。
ヒステリックなアイツを見たのは初めてだった。
けど。
本心を言えとか。
妊娠を喜んでないとかっていう言葉に。
俺はカチンときた。

南無阿弥陀仏

「俺の気持ちを勝手に決めるな!」
この言葉で。
更に口論へと発展してしまった。

「なんでそうなるんだよ!」と言った俺に。
「私だってわかんないよ!」とアイツ。

「ケンカしたくないけど気持ちが勝手にそうなっちゃうんだもん!」
そう言ったアイツに。
今話してもお互い感情的になるだけだから。
冷静になってからもう一度話そうと言い。
その日俺達の会話は終了した。

本当だったら。
妊娠を打ち明けられたその日。
俺はアイツにプロポーズ出来ていたら。
アイツもその言葉を待っていたと思うし。
そしてこれからのことを話し合うべきだったと。
今更反省しても遅いんだけど。
この時の自分を猛省している。

その後わかったことだけど。
女性は妊娠すると。
感情の起伏が激しくなったり
情緒が不安定になったり。
身体の変化ばかりでなく。
精神面でも変化が起こるということだ。

アイツの場合。
慣れてるケアンズで。
現地に友人も居るとは言っても。
やっぱり海外でひとりっていうのは。
相当のプレッシャーだったに違いない。

それに今はつわりもある。
食べ物はトマト。
飲み物はミネラル炭酸水しか受け付けないとアイツは言う。

そんなんで大丈夫なのか心配だ。
4ヶ月目に入ったからこれから少しずつ。
つわりも楽になっていくそうだけど。
妊娠出産にあっては男って無力だ。

それから。
アイツが病院の先生に言われたという言葉が。
俺には秀逸だった。

「{{keyword:10}}0%避妊するならsexをしないことだ。」

こう言われちゃ・・・なぁ(笑)

合掌
posted by konta at 01:30| Comment(16) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。